オルフェーブルは天才ジョッキー池添も認める気性荒い最強の三冠馬

オルフェーブル 競走馬解説

競走馬の中には、気性は難しいけど強いと言われる名馬が多く存在します。

その中でも、代表的なのがオルフェーブルでしょう。

オルフェーブルは、2011年、「皐月賞(GI)」「日本ダービー(GI)」「菊花賞(GI)」を勝つことで史上7頭目のクラシック三冠馬になった歴史に残る最強馬です。

さらにその年の「有馬記念(GI)」も優勝。年度代表馬に選出されました。

しかし、気性が荒く天真爛漫な性格から様々なドラマを作ります。

今回は、そんなオルフェーブルの特徴を細かく紹介します。

オルフェーブルはどんな馬?

オルフェーブル

オルフェーヴルの競走馬生活は、順風満帆なスタートではありませんでした。

新馬戦では勝ち上がるものの、池添ジョッキーを落馬させてしまいます。

3戦目の京王杯2歳Sでは、ゲートを出遅れ、気合を入れると引っかかるという気性難を見せてしまいました。

翌年、折り合いをつけることを学んだオルフェーヴルは快進撃を見せます。

クラシック3冠を見事達成すると、年末、有馬記念にチャレンジします。

3コーナーから大捲りをかけると、直線を抜け出し、ナリタブライアン以来3頭目の3冠と有馬記念制覇の快挙を達成しました。

オルフェーヴルは、翌2012年も快進撃を続けます。

天皇賞(春)は11着に敗れるものの、宝塚記念を制し、勢いそのままにフランス凱旋門賞へチャレンジします。

凱旋門賞は、最後の直線を楽な手ごたえのまま抜け出すも、内ラチに斜行し、ソレミアに差されて2着に敗れてしまいました。

翌2013年も凱旋門賞へチャレンジします。

しかし、3歳牝馬トレブに5馬身差つけられ、2年連続の2着に敗れてしまいました。

引退レースの有馬記念は、3コーナーから進出し4コーナーでは早くも先頭、直線は突き放す一方で2着のウインバリアシオンに1.3秒差をつけて有終の美を飾ります。

下記にオルフェーブルの競走馬データを紹介します。

馬名 オルフェーブル
欧字表記 Orfevre
香港表記 黄金巨匠
現役期間 現役期間
品種 サラブレッド
性別名 牡馬
毛色 栗毛
誕生日 2008年5月14日(12歳)
登録日 2010年5月5日
抹消日 2013年12月23日
ステイゴール
オリエンタルアート
生産 社台コーポレーション白老ファーム
馬主 (有)サンデーレーシング
調教師 池江泰寿(栗東)
調教助手 森澤光晴

オルフェーブルの競走成績

オルフェーブルは過去に数多くの名勝負を見せつけてきました。

こちらでは、オルフェーブルの過去の競走成績を一覧で紹介します。

日付 競馬場 競走名 クラス 着順
2012.3.18 阪神 阪神大賞典 GII 2着
2012.4.29 京都 天皇賞(春) GI 11着
2012.6.24 阪神 宝塚記念 GI 1着
2012.9.16 ロンシャン フォワ賞 G2 1着
2012.10.7 ロンシャン 凱旋門賞 G1 2着
2012.11.25 東京 ジャパンC GI 2着
2013.3.31 阪神 大阪杯 GII 1着
2013.9.15 ロンシャン フォワ賞 G2 1着
2013.10.6 ロンシャン 凱旋門賞 G1 2着
2013.12.22 中山 有馬記念 GI 1着

オルフェーブルの性格は?

オルフェーブル

オルフェーブルは、誰しもが認める名馬中の名馬だと思います。

しかし、彼は危なげなく連勝を重ねていく完璧さを備えたタイプでなく、ときおり不可思議な行動をとってします性格が存在しあす。

その徴候はデビューした新潟の新馬戦でも現れていました。

直線に入って猛烈な勢いで他馬を離す圧勝を演じたはいいものの、なんとゴール後に勢い余って池添謙一騎手を振り落として逃走してしまいます。

そのために勝利後の記念撮影は中止になりました。

このような気性の荒い天真爛漫っぷりは、その後何度も見せられることになります。

強い馬でも、何かしらの欠点は存在するものですね。

オルフェーブルの名勝負

オルフェーブル

やはり、オルフェーブルの名勝負と言えば、ラストランの有馬記念かと思います。

走る前は出来上がりは80%くらいという話だったのですが、いざレースがスタートしてみると、完璧なレースを展開します。

ゼッケン6番の馬がオルフェーヴルになりますが、後方のポジションから大外目掛けてぐいぐい他の馬をかわしていき、最後のコーナーではすでにトップになります。

直線では、さらに他の馬との差を広げて8馬身以上の差をつけて圧勝します。

やはり凄まじい馬だった事がわかりますね。

オルフェーブル引退後

オルフェーブル

2013年、現役競走馬生活を終えたオルフェーヴルは、2014年から種牡馬入りしました。

初年度種付け料は600万円で244頭の繁殖牝馬を集め、産駒は2017年からデビューし始めます。

主な代表産駒は、エポカドーロ(皐月賞)、ラッキーライラック(阪神JFなど)、ロックディスタウン(札幌2歳S)などです。

オルフェーヴル産駒の傾向として、長距離が得意な可能性があります。

産駒がデビューした2017年6月から2018年11月の連対馬を調べてみると、平均距離は1768.6mです。

同じ時期の馬場適性を調べてみると、芝は47-57-44-474/622で勝率7.6%、ダートは27-36-18-173/254で勝率10.6%と、ダートの方が勝率が高くなっています。

代表産駒と上級条件馬はすべて芝で走っており、本当に強い馬は芝向きかもしれません。

仕上がりは、晩成の可能性があります。

JRAの2018年2歳リーディングサイヤーによると、ロードカナロアの勝馬率は0.309、ヘニーヒューズは0.356に対して、オルフェーヴルは0.179と、早熟ではなさそうです。

配合は、エポカドーロの母父はフォーティナイナー、ラッキーライラックはフォーティナイナー系のFlower Alley、ロックディスタウンはStorm Catです。

他の産駒も米国系、特にMr. Prospector系の成績が良く、Mr. Prospector系やその子孫のフォーティナイナー系とはニックスの可能性があります。

まとめると、長距離向き、芝ダート兼用だが強い馬は芝向き、晩成傾向、Mr. Prospector系とニックスの可能性がある事になります。

オルフェーヴルは気性に難があった

オルフェーブル

オルフェーヴルの血統は、気性難の塊と言っていいかもしれません。

父ステイゴールドは鞍上を振り落とす、レース中に他馬に噛み付こうとする、という有様ででした。

これは父サンデーサイレンス、母父ディクタス、母母父ノーザンテーストと、代々気性難で知られる種牡馬から遺伝したと思われます。

しかも、メジロ牧場の結晶、母父メジロマックイーンも、現役晩年レースや調教を嫌がるようになるなど気性難で知られています。

気性難の産駒を出すことで有名なノーザンテーストの4×3、気性難の血が凝縮されているステイゴールド、そこに気性難のメジロマックイーンと、オルフェーヴルはまさに気性難の血統を配合したものでした。

父ステイゴールド、母父メジロマックイーンと同じ配合のゴールドシップもまた、気性難でした。

オルフェーヴルはこの血統により、現役生活も他馬との戦いではなく、いかにレース中に気性難を出さないかという戦いでした。

まとめ

オルフェーブル

今回は、オルフェーブルについて紹介しました。

もっとレースを見たかったですが、引き際が大事ということで、有馬記念の優勝を最後に現役引退となりました。

今後も強い馬が出てくるかと思いますが、ここまで他の馬を圧倒しての勝利というのはなかなか見れないものかと思います。

今回の記事を是非参考にして、今後も競馬界に現れるオルフェーブルの子どもたちに期待しましょう。